フランス人が東京で考えた。-働き方・休み方-

フランス語会話学校エコールサンパのスタッフがライフスタイル、日本での生活を通して考えたことを、サンパに(sympa: 好意的に)本音で語ります。

働き方

フランス語でコミュニケーション(仕事編)

異なる文化の人に外国語で伝えるって、難しいですね。日本語を話す時とは違う話の組み立て方や、伝え方を工夫する必要があります。 「一を聞いて十を知る」と言う表現がありますが、日本語は聞き手が推し測る文化のなかで発達した言語だと思います。主語の省…

フランス語圏の人とはたらく

サンパでフランス人、ベルギー人と働くようになって、毎日が頭のトレーニングだと感じます。 サンパで働く前は、暗黙の了解とか、周囲の目、常識をかなり気にする人間でした(今もその節はありますが)。そのため何かを決定するとき、自分が深く考えて決定す…

フランス人と働く

エコールサンパはフランス人とベルギー人が日本で創立した学校です。フランス語圏出身の社員と日本人の比率は、およそ2:1。チームの中に日本人は一人だけ、という教室もあります。国内でワーキングホリデー気分を味わいつつ仕事できる、というと聞こえはいい…

オンとオフ、どう切り替える?

バランスのとれた生活をおくるために、オンとオフの切り替えは重要です。オンとは仕事。オフとはプライベート、つまり休息や余暇、家族と過ごす時間など。これらをうまく分けるには、どうすればいいでしょう? 平日の私は、主に仕事に時間とエネルギーを使い…

ストレス解消法

この間、遠い親戚が東京に、しかも同じ地域に住んでいることを知りました。びっくりですよね!彼とは面識がなかったのですが、すぐに連絡をとり、近くに住んでいることだし最寄り駅で待ち合わせをすることになりました。 その日はいろいろなことが話題にのぼ…

休暇と仕事への姿勢

私はマネージャーであり、教室とそこで働くチームの責任者です。チームメンバー全員が、希望する時期に休暇を取得できる環境を保証するのも、私の役目だと思っています。それがひいては、生き生きとポジティブに仕事に取り組む姿勢へとつながります。誰かが…

フランスと日本、どっちのストレスのほうがマシ?

日本は全てきちんとオーガナイズされている国。これは周知の事実です。しかし、ものすごく働かねばなりませんし、そこにプレッシャーを伴う場合もあります。時間外労働、タイトな〆切、重くのしかかる責任。これらはほんの氷山の一角です。企業は会社側の失…

フランス的?オンオフの切り替え方

フランスと日本で大きく違う点は、職業生活とプライベートがどの程度混ざるかだと思います。日本では働く人々の日常の大半は、会社で占められている印象があります。家にいても仕事を完全に忘れている時間は、それほど長くないのではないでしょうか。プロフ…

フランス流 部下にバカンスを取らせること

近々ヨーロッパを旅行する友人が、旅の計画について話してくれました。行先はパリ、リヨン、バルセロナ、マドリッド。そんなにたくさん回るんだ!さぞかし長い旅なのだろうと思って日数を聞くと、1週間とのこと。見どころだらけのヨーロッパ主要都市を、どう…