フランス人が東京で考えた。-働き方・休み方-

フランス語会話学校エコールサンパのスタッフがライフスタイル、日本での生活を通して考えたことを、サンパに(sympa: 好意的に)本音で語ります。

フランス式バレンタインデー

f:id:ecolesympa:20180308195027j:plain

2月14日は恋人たちの日。日本でもフランスでも、チョコレート屋さんにとっては素晴らしい一日です。その点は同じですが、日本とフランスで全く違うところもあります。

 

まずフランスではこの日に財布を開くのは男性です。愛する人をレストランへ誘うのが習慣です。私も去年はフランス料理のお店を予約しました。この日は愛を証明する大切な日ですから、カジュアルでお手頃なお店はふさわしくありません。相手の心に残る出来事にするのが第一。値段にシビアになりすぎてはいけません。ちなみにその作戦は大成功。この日を一緒に過ごした相手は、私の妻になりました。

 

そのほか映画に誘ったり、花やチョコレート、自作の詩をプレゼントするのも喜ばれます。さまざまなシナリオがあります。私の場合、夜かなり遅い時間だったので、映画館は無理でした。バラの花や自作の詩などは、特別な日でなくとも日常的にプレゼントしています。お礼に妻は美味しい素敵なお菓子を作ってくれます。

 

ここまで読んでお分かりのとおり、フランスではバレンタインは恋人たちの日です。カップル達が堂々とレストランに出かけ、お店はそんな人々で満席になります。チョコレートを贈るのは男性側。同僚などにチョコレートを贈る習慣はありません。もちろんホワイトデーもありません。

 

カップルにとってロマンティックな美しい一日、ということは、パートナーのいない人にとっては寂しい一日、ということでもあります。

 

あなたはどんなふうにバレンタインを過ごしていますか?

 

(Andrew B)