フランス人が東京で考えた。-働き方・休み方-

フランス語会話学校エコールサンパのスタッフがライフスタイル、日本での生活を通して考えたことを、サンパに(sympa: 好意的に)本音で語ります。

オンとオフ、どう切り替える?

f:id:ecolesympa:20180608130151j:plain

バランスのとれた生活をおくるために、オンとオフの切り替えは重要です。オンとは仕事。オフとはプライベート、つまり休息や余暇、家族と過ごす時間など。これらをうまく分けるには、どうすればいいでしょう?

 

平日の私は、主に仕事に時間とエネルギーを使います。休日は仕事と全く関係ないことをして、気分転換します。これがオンオフの切り替えに役立っています。

 

気分転換は着るものから始まります。仕事のある日はシャツとぴったりしたパンツなど。シンプルな服装で、プロフェッショナルなかんじを意識しています。逆に仕事のない日は、ゆったりめの服、だぼっとしたパンツやデニム(パンクやロックっぽいスタイルが好きなので、ダメージデニムをはくことも)、それにTシャツやスニーカーといった恰好です。一日中家で過ごすときは、ずっとパジャマなんて日もあります(笑)

 

住むところに関しても、仕事とプライベートを完全に分けるために、勤務地とは違う町に住んでいます。仕事場は都心に近い、ちょっとシックな住宅地。商業地でもあります。住んでいる町は比較的静かな郊外です。東京と横浜を結ぶ大きな道路の近くで、自然もあります。雰囲気の全く違う2つ街での生活は、フランスにいた頃を思い出させてくれます。

 

私の役割も平日と休日とは真逆。平日の私は先生で、休日は生徒です。日本語を学びに学校に通っています。言葉も平日はフランス語、休日は極力日本語を話します。

 

休日にやることは、もちろん他にもあります!リラックスして過ごす時間も大切。友達とカフェに行ったり、映画を観たり、本を読んだり。趣味も楽しんでいます。旅行したり写真を撮るのが好きで、旅先の名所や土地の美味しいもの、公園などの写真を撮っています。旅に出かけると、知らなかった土地の文化にふれられます。それが私を豊かにしてくれます。音楽も好きで、コンサートやカラオケに行きます。仕事を完全に忘れられますし、自分の情熱を解き放つことができます。それからブログで、日本の私のアドベンチャーを、フランスの親しい人々に伝えるのも好き。それがあるから、こうして度々このブログに記事を書いています。

 

それから料理も好きです。(センスがあるかどうか分かりませんが)特にお菓子作りが好き。仕事のある日は、あまり料理に時間がとれないので、コンビニやスーパーのお惣菜を買うこともあります。時には自分を喜ばせるために、リーズナブルなレストランで、美味しいものを食べることもあります。仕事のない日はキッチンに立って、フランス式に料理とデザートを作ります。仕事のある日は和食、休日はフランス料理です。

 

人生にはリラックス時間も必要。これが仕事のモチベーションを左右します。たとえ自分の仕事が大好きでも、仕事以外の好きなことも楽しみ、友人や家族といい時間を過ごすことが大切です!

 

(Davina S)

スタッフ紹介ページを見る